緑豊かな住環境|こだわりの家を建てるならデザイン住宅を選ぼう

こだわりの家を建てるならデザイン住宅を選ぼう

不動産

緑豊かな住環境

インテリア

第1種低層住居専用地域

東久留米市は、まだまだ畑も点在する緑豊かな場所です。この素晴らしい住環境を維持する為に定められた用途地域は、第1種低層住居専用地域に定められてます。そして建蔽率40%・容積率80%に建物の面積を制約しています。その結果、販売されている土地も120平米程の面積が多く、100平米ほどの2階建て建物が計画できます。そして、第1種低層住居専用地域には、住居以外の店舗などの商業施設の建築ができない為、閑静な住宅街を形成する反面、日常の暮らしの移動手段は車が中心になります。その為、東久留米市の土地でマイホーム計画を行う際は、敷地の有効利用として、建物と庭とガレージとの配置計画からプランニングを始める必要があります。

好みの住宅を建てられる

東久留米市の土地は、120平米程の敷地に100平米程の建物が建築できるような物件が多く存在します。その為、ハウスメーカーの企画商品が建築可能ですし、地元工務店による自分が気に入ったジャンルの建物を建築する工務店を建築する事もできます。そして、東久留米市で人気を集めているのは、販売されている土地価格が2500万円台の土地が多い事により、一番人気がある土地と建物とを合わせた総額が4500万円位に予算を収める為、比較的ローコストに収まる地元工務店の注文住宅に人気が集まります。その、地元工務店は、輸入住宅やシンプルモダンや自然素材などの得意とするジャンルに属し、施主は自分好みのジャンルの工務店を予算の範囲内で選ぶ事ができるのが、人気の理由です。